スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

示談斡旋交渉

 頭蓋骨骨折、全治一か月の交通事故に対する慰謝料の提示額が11万5千円。

 ナミヘイが10月に遭遇した交通事故の慰謝料の提示額に納得できなかったので2月に仙台弁護士会館で日弁連の「無料事故相談」を受け、昨日はその続きとなる第1回目の「示談斡旋」を受けてきた。日弁連の弁護士が中立的な立場で仲裁をしてくれるという。中立性を確保するため2月にアドバイスしてくれた弁護士とは別の人だった。
 三者が一堂に会するものだと緊張していたら、まずは別々にヒアリングされたので気が楽だった。申込者の我々の要望を聞いて、それを相手(加害者側の保険会社)に伝え、相手の言い分も聞いた上で妥当と思われる金額を仲裁してくれるらしい。
 弁護士からはいくら要望するのかといきなり尋ねられたが、何が妥当かも分からないので2月の相談で受けた(全治一か月とは言え実質1週間しか入院していないので過去の事例からすると20万円~36万円の間だろうという)アドバイスを話して、退院しても体調不良で大学に出られず結局、二週間休んだこと、また相手はブレーキもかけずに横断歩道上の人をはね飛ばしており悪質な違反行為であることから上限の36万円を要望すると伝えると、弁護士からは何も36万円が絶対の上限ではなく妥当と思う額を主張して構わないと説明されたが、大きな金額を要求して仲裁が不調になっても裁判までする気はなく、1週間の入院で11万5千円というのなら実質2週間は寝たきりだったので、その倍の23万円ぐらいは請求したいと思っていたので36万円で結構ですと話をした。
 ただ、示談が成立すればその後の請求はできませんがイイですねと念を押されると同席していた妻が、ナミヘイに後遺症が出ないか心配だ、事故後は部活も辞めたのにすぐに疲れると言い、家では寝てばかりで一度寝るとなかなか起きてこられない。最後にもう一度、頭を診てもらって医者から大丈夫だとお墨付きをもらいたいと言い出した。
 示談斡旋の担当弁護士も治療は終了しているのが前提だから、心配ならもう一度病院で検査を受けた方が良いだろう、ただその医療費を相手の保険会社が認めるかどうかは分からないが、不安があるのなら不安を取り除いてから相談しましょうということになり、この件はまだまだ続くことになった。やれやれ。

PS
・昨夜は最後の送別会だった。顔ぶれはいつもと同じだし、それよりは2014年のイーグルス開幕戦を見ていたかったが、酒が入ってしまえばそれはそれで楽しく、いつしか試合のことは忘れていた。お開きとなって店の外に出て思い出し、慌ててカバンからラジオを取り出して試合経過を確認すると、すでに9回裏。リードはわずか1点。1死一、二塁。大丈夫か、則本昂大投手!?と心配する間もなくゲッツーで試合終了。幸先の良いスタートに酔いも加わって楽しく週末の夜は更けていったのでありました・・・・
・そして今日はケガから復帰し二シーズンぶりの先発となった塩見貴洋投手でも勝って開幕二連勝。田中将大投手の抜けた穴を感じさせない素晴らしい出来に、さぞや星野仙一監督も満足でありましょうな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2622-1f76b868

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。