スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本『イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読む』を読む

 ラフカディオ・ハーンの本を読んでいたとき、イザベラ・バードの名前が目に入った。イザベラ・バードはイギリスの女性紀行作家で維新後(明治11年)に日本の土を踏み、東北や北海道を見て廻り、まだ西欧化されていない日本の風俗を『日本奥地紀行』という本に書き残した、というくらいは知っていたが読んだことがなかったので無性に読みたくなった。
 ネットで図書館の蔵書を検索すると、あの民俗学者・宮本常一が書いた『イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読む』という本を見つけたので、翻訳本を直に読むよりも民俗学者の解説付きで読んだ方が理解が早いだろうと早速会社帰りに仙台メディアテイクに寄って借りてきた。
 文庫本だったのでバスの中で読み始めたが、この本を選んで正解だった。白人優位・有色人種蔑視の意識が根底にある人間の書いたカチンとくる文章を延々と読まされたのではたまらない。冷静な解説が主で、カチンとする文章が従だったのがちょうど良かった。なお、日本人なら当たり前すぎてわざわざ文章に残さないような些末な事もいろいろ書き残している点が当時を知る資料としては一級品なのだろう。じっくり読んでみたい。この本のどこかに被災地救済のヒントが隠れているかもしれないから。

PS
 今日は暑かった。市内を歩いていると汗が出た。家に帰って久しぶりに500CCの缶ビールを開けた。リョウヘイと飲もうとしたら、いらないというので一人で飲んだ。イーグルスが4連敗阻止に向け4点リードを保っていたので気分良く飲み始めたが、途中1点差までホークスに詰め寄られイライラしながら戦況を見つめていると、いつの間にかグラスが空になっていて非常にガッカリした。プレミアルモルツの生ビールだったのでもっと味わって飲めばよかった。それでも天敵の摂津投手から3年ぶりに勝利を挙げたので、それはヨカッタ、ヨカッタ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2629-d5632044

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。