スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒浜

 午前中、天気が良かったので仙台市の海岸沿いをドライブして荒浜に行ってきた。荒浜周辺は震災ガレキがきれいに片づけられていて、ただただ原野が広がるばかりだ。道路沿いに残る住宅の基礎ブロックの残骸だけが町のあった痕跡を留めていた。

 小中学生のころはよく友達と自転車をこいで、大人になってからはクルマで何度も荒浜の海には遊びに来ていた。その以前の荒浜を思い出そうとしたが、記憶と現実がなかなか一致しなかった。小学校と貞山堀はこんなに離れていたか?貞山堀にかかる深沼橋とその先の道路の終点までは緩く右にカーブしていなかったか?終点の突き当りを左に曲がると海水客用の駐車場があったハズだが、それはどこだ?
 まったく何もなくなってしまい思い出すヨスガモないが、ココでは思い出に沈むよりもこれからのことを考えるべきだろう。人が住んではいけない「災害危険区域」に指定されたため住宅は建てられないので町としては再興できないだろうが、荒浜周辺を家庭菜園用地として再造成して市民に開放し、常に人が行き来する場所として活用しつつ、要所を公園化して夏は海水浴場として復活させてはどうか。広い原野の中でポツンと寂しそうに建っている荒浜小学校の校舎を見ながらそんなことを考えた。

PS
当時は荒浜(あらはま)というよりも深沼(ふかぬま)と言っていたと思うが、それはなぜだろう?荒浜地区の深沼海岸だからかどちらでも良いのだろうが。県北の迫(はさま)と佐沼(さぬま)の関係のようなものかな?社会人になるまで迫と佐沼は別々のところだと思っていた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2642-00e3d2c5

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。