スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の旅客船セウォル号の沈没事故

 韓国だからとは言わないが、事故の詳細が報じられるにつれ、あまりにひどい遭難時の対応に驚きや哀しみ以上に強い憤りを覚えた。
 特に、旅客船の船長や乗務員が修学旅行生を含む乗客300人以上を残したまま沈没中の船から逃げたという報道には空いた口がふさがらなかった。その職業倫理感の欠如には怒りが増すが、専門技能職であるハズの彼らが6か月から1年程度の短期契約社員だったという報道を聞くと、なるほどバイトでは命をかけられなかったかと思ったりもした。
 が、船長や乗務員が脱出してから船体が海中に沈むまで1時間以上も時間があったというのだから、ちゃんと避難誘導していれば、もっと多くの生徒や乗客が助かっただろうに。やはりコレは許されない背任行為だ。逃げた船長や乗務員ばかりでなく、彼らへの安全教育の徹底を怠った会社にも重罰を科すべきだろう。
 なお、経済活動では先進国並みになってもその中身は依然、三流国だという報道も目立つが、日本を非難する前に自国民の安全をまず考えるべきだ、という皮肉に韓国民はどう答えるのだろうか。

PS
 JR北海道のずさんな安全管理の実態を指摘されれば返す言葉もないけれど・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2644-94c7c951

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。