スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かばんの中身

 目の前を中年のおじさんが大きなバッグを持って歩いていた。ただ、中身はあまり入っておらずペシャンコなので何でそんなに大きなバッグを持っているながら空っぽなのか尋ねてみたくなった。ふだんはお弁当箱とか水筒でも入れているのだろうか?

 以前の私も幅の厚い大きなバッグを持って会社に通っていたが、チャックが壊れたのを機会に幅5cm程度の薄い通勤バッグに代えていた。あまり入らないのが不満だが、しかし、これでイイのだと自分に言い聞かせている。大きなバッグだったら何でもかんでも詰め込んで重いバッグを抱えて毎日会社に通うハメになるのが目に見えている。以前の私がそうだったから。

 毎日手にする通勤カバンにはそのうち必要になりそうなモノまで詰め込んでおきたくなる。だから、何でもかんでも入りそうな大きなカバンを見つけると、ついほしくなるのだが、イカン、イカンぞ。同じ過ちを繰り返してはならん。

 以前のカバンには読みかけの本をはじめ、スポーツ週刊誌や毎月届くJAFの冊子、出版会社の新刊PR冊子、仕事関連の資料、宮城県内の観光マップ、健康診断結果通知書、生命保険のおばちゃんが勧める契約更新の試算書、ナミヘイの通う大学の学校案内などなど、なんでもかんでもが入っていた。整頓術などお構いなしのドラえもんのポケット状態で、それはそれで楽しかったが、いいかげん改めねばな。職場の連中や知り合いに見られたら非常に恥ずかしいさ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2683-317c14eb

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。