スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス風呂給湯器を交換

 先週の月曜日にガス風呂給湯器を交換した。先週39万4千円の見積もりをもらったメーカー指定店ではなく、仙台市内の老舗のサービス会社に頼んだが、そこは27万円だった。ネットでみれば20万円ぐらいでやるところもあったが、安かろう悪かろうというのもイヤだったので、メーカー指定店の見積もりと最安値店の中間ぐらいの見積もりだった老舗会社に頼んだが、ちょっとしたトラブルがあった。
 設置には妻が立ち会ったが、そのコードの配線がゴチャゴチャというか、グチャグチャでひどい施工だった。なんでクレームをつけなかったんだと妻を質すと、だって相手はプロなんだし、こんなもんかなって思ったのよ。それならあなたが立ち会えばよかったじゃないと妻は怒りだした。最近はすぐ怒るから困る。*お互い様だが。
 老舗会社に現場写真を添付したメールを送って、コレが貴社の標準施工か?とイヤミを言ったら次の日、すぐにサービスマンがやってきてきれいに結束してくれたが、だったら最初からやれよな、と言いたいところだ。
 なお、この話には続きがあって、その夜、それまではちゃんと出来ていた残り湯への追い炊きができなくなった。水温は上がるが湯量が設定まで増えないのだ。なんだよー、結束作業のときに何かヘンなことをしたんじゃないのか?次の日、今度は電話で不具合を伝えると、すぐにまたサービスマンが来てくれたが原因が分からず、メーカーからの技術者に来てもらうことになった。
 しかし、この顛末は恥ずかしながら、こちらの勘違いだった。サービスマンも不勉強だった。これまで我が家で使っていたのはフルオートタイプで、残り湯がある状態で「風呂自動」ボタンを押すと勝手に設定水量まで湯張りをしてくれたが、今度の機種は妻がケチってセミオートにしたので、そこまではやってくれないタイプだったのだ。なあ~んだ。フルオートに慣れていたので、今度もできるモノだと勝手に勘違いしていた。
 ちなみに、妻がなぜフルオートにしなかったかと言うと、最近のフルオートは気が利きすぎて、湯量が減ると勝手に設定水量まで足してくれて、また水温が下がると勝手に設定温度まで上げてくれるという至れり尽くせりの仕様なのだが、それが妻にはムダにしか思えなかったらしい。たしかにそんなのは風呂に入った人間が湯量でも湯温でも自分の好みでボタン操作すれば足りるものな。そのとおりだと私も思います。 

がっかりな配線1  がっかりな配線2
 4種類の配線コードがぐちゃぐちゃに結束。給湯器の背後に走るパイプの下を通せばイイものを、施工しやすさを優先して見栄えなど全然考慮にも入れなかったのか、パイプの上を通したからゴチャゴチャがモロに見えている。情けない施工だと思う。
すっきりな配線1  すっきりな配線2
 クレーム後に改善された配線。見た目もスッキリ。こうでなくっちゃ。

●設置したガス風呂給湯器
ノーリツ社製:エコジョーズ20号セミオート(GT-C2052SARX-2BL(13A)とマルチリモコンセット(インターフォン付き)小計370,000円ー値引き▲195,000円=175,000円①、部材、器具取り替え、配管工事費、諸経費などで75,000円②、消費税20,000円③  総計①+②+③=270,000円

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2717-12f69252

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。