スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイズリーグ東日本大会

 昨日と今日の二日間、仙台でボーイズリーグの東日本大会が行われ、栃木県から参加したチームに中三の甥がいて出場するというのでジジババと富谷町まで応援に行ったが、昨日はあいにくの雨で中止となった。その分の試合が今日の午前中に仙台市民球場で行われるというので再び出かけたが、じいちゃんは腰と膝が痛くてなって今日はムリ、というのでばあちゃんと二人で応援に行ってきた。
 試合は12対3で埼玉のチームに勝ったが、次の試合は午後2時からと言うので応援はそこまでで引き上げた。夕方、第二試合も勝ったとチームでコーチをやっている弟から連絡があったが、勝ち上がったために明日も試合をすることになったという。そのため急きょ再び泊ることになったが20数名の宿泊となるため連休中の仙台市周辺では見つからず、なんと白石の小原温泉まで行くことになったらしい。高速道路を使っても片道1時間はかかるぞ。まあご苦労なことだな。

 そんな様々な苦労をしてまで野球をするのは、親も子も、やっぱり「野球が好きだから」なのか?苦労のあとに「楽しさや充実感が待っているから」とも言われそうだが、それは山に登ったり、マラソンを走ったりする苦労と同じことなのか?チームスポーツでの苦労は個人スポーツのそれ以上だと思うが、喜びや充実感も苦労に比例して増すのだろうか?
 ちなみに、その情熱を金儲けに注ぎ込めば「蔵が建つ」と思うのだが、そうしないのは、そこに人間としての生きていく意味があるから、なのだろうか?義理や惰性で長年務めている町内会や体育振興会の役員では味わえない感覚だな。

PS
 足取りもおぼつかない83才のばあちゃんだが、野球観戦は面白かったという。テレビ画面ではよく分からなかったが、スタジアムだとボールの動きに併せてグランドに出ている選手たちが一斉に動くのがよく分かって面白かったのだそうだ。ということで、明日の三日目も応援に行きたいというので連れて行きます。
 昨日から低気圧のせいでめまい気味の妻は、少し前に(脳血栓を疑われて)倒れた拍子に頭部を殴打し血を流した高齢者とは思えない行動だ、大丈夫なの?と呆れていた。私もそう思うが、孫の応援をしていて亡くなったら、それはそれで本人も悔いはないだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2721-9a965553

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。