スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本『ひとりでは生きられないのも芸のうち』

 内田樹(うちだたつる)の本『ひとりでは生きられないのも芸のうち』(08')を読んだ。なるほどと深くうなずくところが多かった。
 どうしてこのような視点で物事を見極めることができるのだろう。教えられれば、なるほどと思うが、いくら考えても私には考えもつかない指摘ばかりだ。脱帽である。

 『社会の様々なシステムを機能不全に陥らせているのは、「ちゃんと仕事をしてくれる人がどこかにいるはずだ」という無根拠な楽観だ。/「誰かがちゃんとシステムを管理してくれているはずだ(だから、私はやらなくていい)」という当事者意識の欠如がこの「楽観」をもたらし、それがシステムの構造的な破綻を呼び寄せている。/当事者意識がない人たちの制度改善努力は「文句をつけること」に限定される。』という指摘に思わず唸った。
 また、『批判する者の数があまり多くならなければ良い』とし、『批判を受け止めて改善するのが自分の責務だと考える人を一定数以上確保するにはどうすればいいのかがこの本を通じての政治的目標だ』として、『社会の責務を受け止める「常識的な人」は社会構成員の20%もあれば充分、そのように社会は設計されている』とも言う。まさにそのとおりだと思う。再読したくなる、久しぶりの良本だった。

 さて、私は二割に入っているだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2781-95ee0e21

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。