スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄日

 1年前の10月7日は、次男のナミヘイが信号無視のクルマに横断歩道上で跳ね飛ばされた日だった。時速60kmを超えるスピードで跳ね飛ばされながら、幸い後遺症も残らずに回復したので何よりだったが、1年後の10月7日はさらなる災厄が待っていた。

 もう1週間も前になるが、市内に住む義弟の妻が自ら命を絶ってしまった。夜に電話をもらい妻と駆けつけたが、あまりのことで慰めの言葉も出なかった。中学3年生の難しい年頃の娘がいるのにどうして死を選んだりするのか。疑問しか浮かばなかった。
 その後、義弟や葬儀の参列者たちからいろいろ聞かされたが、遺書もないので本当のところは分からず、ヘンに詮索をしても始まらない、それよりもこれからどうするかを話し合おうと先週末は義弟の親族会議に妻と加わっていろいろアドバイスをさせてもらったが、いずれにせよ、義弟一家の生活は一変せざるを得ず、落ち着くまでは周りのサポートが欠かせないだろうということで意見は一致し、義弟の友人や亡くなった義妹の友人たちも協力してくれるというので、なんとか乗り切れそうだ。
「持つべきものは友」というコトワザは、いつの時代でも変わらぬ真実だなと改めて思った。

 しかし、それにしても10月7日は我が家の厄日となるのか。それも心配だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なにもしなくて良いです。
落ち着いたらまた連絡します。
じじばばには話をしています。

No title

 お疲れ様でした。こちら、特に動かなくても良いよね?お線香とか…事情が事情だけに、どうしたほうがよろしいか?
 なにかあれば、ご連絡を…

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2788-8230bb69

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。