スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎間板ヘルニア

 MRIを撮って診断してもらった結果は、なんと「椎間板ヘルニア」だった。

 院長先生は「ほら、ココ。ココの軟骨が他と比べて後ろにずれているのがわかるでしょ。これが神経を圧迫しているんだよ。周りの骨も少し尖っているなあ、コレが原因だな。」とけっこう断定的に言うのだが、じゃあなんで突然、痛さが襲ってきたのか。それでは説明にならないのではないか?
 院長からはこれまでも痛くなったことがあるだろうと聞かれたが、ココ10年近く腰痛になった覚えはない。思当たるとすれば、痛みの出る2週間前にスポーツジムでリョウヘイと一緒にやったボクササイズのエアロビで、足を横に大きく蹴り上げたときに左大腿骨の頸部に違和感を感じたことぐらいだ。痛い場所は近いけれど2週間経ってから突然痛くなるということがあるのだろうか?
 と院長に尋ねたが聞こえないフリ(?)をされ応えてもらえず、痛み止めのクスリを追加して様子をみましょうとあしらわれ、サッサと診察室から追い出されてしまった。ふ~ん、MRI撮影込みで6270円も取っておきながら、そんな診察しかできないんだな。こういうコトをされると西洋医術の限界を感じる。なんかイヤだな。痛みが引かないようだったら次は針灸治療院に行ってみよう。部下からクロマツで評判の施術所を教えられたからな。
 しかしそれにしても、せめて牽引ぐらいしましょうとか言ってほしかったな、整形外科の専門病院なんだし。痛み止めのクスリだけじゃ根本的な解決に繋がらないことぐらい素人でもわかるよ。イヤそれとも最近は西洋医学でも「自然治癒力」に重きを置いて、何もしないようになったのだろうか???

追悼

 あれから3年。どのテレビ局も東日本大震災の発生時刻の前後から追悼番組を流していた。それを自宅のテレビで横になりながら見ていた。今日は勤めを休んでいた。

 先週の金曜日から痛くなった左大腿骨の付け根がさらに痛くなり、昨日はなんとか出勤したものの夜になると歯を食いしばらないと耐えられないくらい痛くなったので、今日は出張の予定が入っていたが代わってもらい整形外科に行ってきた。
 待合の長椅子に腰かけていると今日は足の付け根よりも太ももの裏側やふくらはぎにかけて痺れが出て、立ち上がるのにも難儀した。それでも通常のレントゲン検査では骨の異常は見つからず、土曜日にMRIを撮ってもう一度診察することになった。痛み止めを2種類処方してもらい飲むと痛さは和らいだ。
 ネットで病状に関する情報をいろいろ読んでいるとどうやら「坐骨神経痛」と言われる症状ではないかと思われた。50代を越えた中高年に多くみられると書いてあり、まず間違いないのではないか。となるとこの症状と今後末永くお付き合いしなければならないのか。そう思うとちょっと憂鬱になった。
 が、震災で肉親を亡くされ住む家を失った人々の苦悩を思えば何ほどのこともないか。痛さは生きている証か。痛み止めは5時間ぐらいしか持続しないので当分、早寝を心がけよう。

PS
 昨日は遠方から来客があり、夜はその懇親の酒飲みがあった。足は痛かったが酒でも飲めば少しは痛さもまぎれるかと思ったが、雪が舞い、真冬に戻ったかと思うような寒さの中、仙台市内をお店やバス停まで歩いたのも悪かったか、家に帰ると痛さがぶり返し猛烈に痛くて呻くと、妻からはバカだと呆れられた。

痛い休日

 金曜日から左大腿骨の付け根辺りが痛くて難儀している。原因が思い当たらず、また具体的にどこが、どのように痛いのかもハッキリしなかったので、確かめようと午前中はスポーツジムに行ってきた。クロストレーナーを漕いだり、筋トレの機械を動かしているときは特にどこも痛くなかったが、運動を終えてシャワーを浴び湯船にカラダを沈めたら左大腿骨の付け根の外側が痛くてジンジンとしびれてきた。家に帰ってコタツで座ってもそうだし、生垣の落ち葉を掃こうとカラダを横に動かすと、つまり関節を外に開くと、どうやら痛み出すのだった。イスに大人しく座っていれば痛くはないのだが、コレって何なのだろう?

 午後は妻の買い物に付き合った。だいぶ古くなったリビングとダイニングの絨毯を消費税増税前に新しいモノに取り換えようと市内の家具店を見て回ったが、柄がどうしたとか言う前に、寸法が合うモノがなくて買うことができなかった。妻はけっこうガッカリしていた。
 我が家のリビングの絨毯の寸法は320×240でちょうどイイのだが、この寸法が全然なかった。多くは250×200とか240×240で、もしくは逆に340×240と大きかったり。どうして320×240がないんだ!唯一エジプトの手織りモノで1点だけぴったりの寸法の絨毯があったが、26万円です、と云われては笑うしかなかった。半額の13万円でもたぶん我が家では買わないな。
 家具屋はどこも混んでいたが、消費税対策組とともに新生活用品を買い求める新入生や新社会人たちの姿が目に付いた。そういえばあと3週間で新年度なのだな。暦の上ではもう春か。

お酒を飲んだ翌朝は

 最近、外でお酒を飲むと翌日は体調が悪い。二日酔いになるほど飲んではいないハズなのにトシのせいなのか、とにかくダメだ。今日もそうだった。身体が重い。なんでお金を払って具合を悪くするのかと妻にはバカにされるが、ホントにそのとおりで、返す言葉もございません。
 しかし、仕事の付き合いで飲まなければならない機会はそれなりにあるのだ。いっそノンアルコールでお付き合いをして、しっかり料理を食べてみようか。その方が絶対、健康には良いだろう。よし、今度試してみよう。

PS おそらく、たぶん、イヤ、絶対にムリ・・・

腹痛、イタタタタッ

 草木も眠る丑三つ時、の少し前。ハラが痛くて目が覚めた。しばらく布団の中で我慢していたが、こらえ切れずにトイレに駆け込もうとしたが、あまりの痛さに身体が動かない。壁や家具をつたって這うようにトイレに入ったが、すぐには便も出ず、猛烈な痛みが身体を駆け巡った。冷や汗で下着がぐっしょりに濡れ、救急車を呼んでもらおうかとさえ思ったくらい痛かった。結局、出すモノを出しきってトイレから出たのは午前2時半すぎだった。
 30分ぐらいトイレにこもっていたかと思ったが、妻からは1時間はトイレに入っていたわよと教えられた。おかげで身体が冷え切ってしまい、また痛さも残っていてハラを温めたかったので湯たんぽを用意してもらった。最初はハラを温め、落ち着いてからは足元にずらしそれからは安眠できた。朝方に目を覚ましたときも湯たんぽは暖かく、コレはもう手放せない感じだ。起きると妻からはさらにハラマキも渡されたが、コレにはちょっと抵抗を感じる。家では身につけても会社にはしていけないな。

PS
・もう一度、苦竹のスズキ販売店に行ってスカイブルーの「ハスラー」を見てきた。今度は妻もリョウヘイもナミヘイも連れて一家全員で実証検分だ。すると一転みんなの意見は「オヤジがそんなに欲しいなら」という方向へ傾いた。まあ結局みんなはどうでもイイのだろう。ヨシヨシ私の好きにさせてもらうぞ。では、どうしよう。

・その後、久しぶりにみんなで回転寿司屋「きらら寿司」に入った。相変わらず美味しかった。4人で3900円。昨日の今日なので私はナマモノを避け、あら汁を飲んであぶり物や巻物を食べていた。

・夜1時間も痛かった?陣痛の痛さに比べればまだまだ、と妻には言われてしまった。

手袋

 朝、通勤する人たちを見ていると9割以上の人はコートなどの上着を着ていた。また手元を見ると6割以上7割弱の人たちは手袋もしていた。マフラーの着用率は3割ほどか。
 これがいつもの寒い冬なら別に不思議でもなんでもないのだが、今日はとても温かかったのだ。コートもいらないかなと思ったくらいだったから、みんなの寒がり具合にちょっと驚いたが、でも寒がりというよりはいつもの習慣でコートを着て、手袋をはめて、マフラーを巻いて家を出てしまった、というところか。習慣って代えがたいもんね。

 朝夕のバスの中で「ご近所美術館」というライトな小説を読んでいる。「ビブリア古書堂」のような日常ミステリーを扱った本だが、こういう本を読んでのんびり愉しんでいられたら、私はしあわせである。大志は、まだない?

PS
 今日は仕事で石巻に行ってきた。時間がなかったので三陸自動車道の春日PAで昼を食べた。入り口の券売機で食券を買うと自動的に厨房に注文が届くので後は食券の番号が呼ばれるのを席で待つだけ、なのだということを分からない人が多く(私を含め)食券をカウンターまで持って行く人がほとんどだった。だってその食券が昔ながらの左右に同じ番号と注文メニューが印刷された二つにもぎるタイプなんだもん、誰だって間違うさ。初めての人でも分かるように券売機のところにもっと大きくシステムを明示すべきだと思う。毎度説明している厨房のおばちゃんも面倒臭そうに説明しているのだから。

ホクロ

 妻のほっぺにはホクロがある。結婚前からあるのだが、最近大きくなってきたと妻が気にしていたところに、NHKの生活情報番組「ためしてガッテン」で大きくなるホクロはガンかもしれないという話があったものだからトタンに不安がり、病院に行って診てもらってきた。
 医者の見立ては、たぶん大丈夫でしょう、でも不安なら細胞検査をして、ついでに切除しますか?と言われ、これ以上大きくなってからではイヤだなと、取り除いてもらうことにしたらしい。

 そして今日が手術の日だった。ホクロにしては大きい直径1cm程度の切除手術だったので、ほっぺの真ん中に跡が残るかな、そうなったらイヤだなと本人はだいぶナーバスになっていたようだ。それなのに、朝、家族の誰からも心配の声がかからなかったのが、だいぶ不満だったらしい。
 確かにそれは申し訳なかった。私は自分が抱える大きな仕事のことが気になって妻のことを思いやる余裕が全くなかった。まあ、他人に関心がないのはいつものことだと思っているのだろうが、今回はホントでした。
 でもまあとにかく、術後の経過が順調にいくことを祈っています。ついでに鼻づまりや便秘、肩こりやめまい、冷え性も治るとイイのにね。一人で家族全員分の体調不良を引き受けてもらっているようで、ホントに申し訳ない気持ちになります。お身体をいたわりください。  敬具

一番の寒さ

 今日は昨日よりもさらに寒かった。全国いたるところで今年一番の寒さだったらしく、北海道や青森では平地でも40cmの積雪があったという。日本中から秋がどこかに行ってしまい、一気に冬がやってきたようだ。コートを着ないと非常にツライお天気だが、昨日宣言したばかりだから、もう少し頑張ってみる。痩せガマン以外の何物でもないのだが・・・・

PS
 先週、10人のオヤジたちで岩手を旅行した時の写真が幹事から送られてきた。8枚あったが、8枚中7枚で私は写真の真ん中に写っていた。意識して真ん中に立ったわけではないが、妻は信じてくれなかった。考えるに、さあー写真を撮るよと声をかけられると、誰かがセンターに立たないとみんなが集まらないかなと思い、スーッと立ってしまうようなのだった。元写真部部長としてのサガか(笑)。

健康ウォーク・ラジオ体操

 今年も体育振興会が主幹する「健康ウォーク・ラジオ体操」の裏方をやってきた。泉区はシェルコムせんだいが会場で29学区中23学区から約880人が集まった(不参加の6学区は運動会があったらしい)。我が町内会からの参加者は30人で少ない方か。久しぶりに本気でラジオ体操をやったら右太腿の裏をつりそうになって焦った。

 家に帰ってきてまだ午前9時20分だった。ナミヘイが昨夜、バイトの帰り道でまたまた自転車をパンクさせ、もうダメだこのクソ自転車!とほざき、バイトで稼いだお金で安い自転車を買いたいから「ダイシャリン」まで連れて行けという。何がクソ自転車だ、もっとモノを大切にしろと言ったが、無残な自転車の姿を見て私もあきらめた。タイヤとチューブがリムから完全に外れてだらしなくよれていた。なんでこんなひどい状態になるような乗り方をするのだろう。もう二度と直す気にもなれないほどの惨状だった。
 「ダイシャリン」で一番安い無変速の8900円の自転車を自分で買うと、ナミヘイは友達と待ち合わせしているからと言って買ったばかりの自転車に乗って店先からサーッといなくなってしまった。まったく、親を何だと思っているんだか。

 午後は温風ファンヒーターを修理していた。昨シーズン、室外機で暖めた不凍液を室内機に循環させるパイプが室内機の付け根部分で割れて不凍液が漏れ出すという騒ぎがあり、とりあえず本体を取り外していたのだが、そろそろ朝晩は寒くなってきたので修理をしてみたら、コレが大変で半日がかりの作業になってしまった。
 割れ残ったパイプ部分が室内機からなかなか外れず、やっとの思いで外して室内機に改めてパイプを付け直そうとすると、今度は全然入らずホントに難儀した。何度やってもウマくいかないので途中で投げ出したくなったが、どうせダメなら処分するだけだと腹を決め、大胆な荒療治をして、途中でリョウヘイの腕力も借りて、なんとか本体とパイプをつなぐことができた。さて動くだろうか?まあ、失敗しても不凍液が漏れ出すだけだろうし、来週あたり冷え込んだときに一度(おっかなびっくり)試してみよう。

 そして今夜の8時すぎ。救急車が向かいの家の前で止まり何かあった様子だが、救急隊員も家の者も誰も表に出て来ないので状況がよく分からない。お向かいには80代後半のおじいちゃんがいたので、その人が倒れたのかもしれない。何度か表に出てみたが変化がないので、その後は家のドアホンカメラを通じて様子をうかがっていたが、いつの間にか救急車がいなくなっていた。愛想の極端に悪いおじいさんだったな。家の前で会釈はしても話をしたことは一度もなかったかもしれない。

ハウスダスト

 今朝は月一の町内清掃の日だった。作業を終えて帰ってくると妻から、生垣のカイズカイブキの下周りがだいぶ生い茂り、風のとおりが悪いから地面から15cmまで枝払いをしてちょうだいとお願いされたので、汗かきついでにノコギリを手に作業にかかったら、朝から予想外の大汗をかいた。ああーシンド。

 ナミヘイの風邪が長引いている。ヘンな咳が治まらないのに部活やバイトに出ては具合を悪くして帰ってくることを繰り返すので全然良くならない。今日も練習試合があるから7時には出かけると言っていたのに起きられず、8時になっても9時になっても起きられないので、無理やり休日当番医まで連れて行った。まったく世話の焼けるガキだ。
 1時間待たされて診てもらったが、レントゲンの結果でも特に異常はなく、咳が止まらないのはハウスダストのせいかもしれないから一度布団を干して部屋の掃除をするようにとアドバイスを受けた。う~ん、当たっているかもしれない。
 というのも、ナミヘイの部屋は非常に汚いのだ。まるでゴミ屋敷で、アイスキャンディの棒や菓子パンやポテトチップスのカラ袋をはじめ、食べ終わったカップ麺のカップやカラのペットボトルなど、とにかく片付けるという概念がないのか、いくつものゴミが部屋中に散乱している上に、さらにそこへ脱ぎっぱなしの汗臭いウェアやシューズ類がベッドやソファーの上に放り出されているから、部屋に入ると視覚的にも嗅覚的にも気分を悪くするのだった。
 このままじゃゴキブリが出るから掃除しなさい!片付けなさい!と何度も母親が注意するのだが一向に改まらず、そんな実態からして、ハウスダストの可能性は十分に考えられた。
 そのことを妻に携帯で伝えると、家に帰るまでにサッサとナミヘイの布団を干して汗臭いシーツを洗い、ゴミを片付け、部屋中を掃除していた。ホントにご苦労様です。
 その間、ナミヘイを一階の和室で寝転がらせていると咳もでないので、案外医者の見立てが正しいのかもしれない。自業自得だな。ホントにバカなヤツだ。死ななきゃ治らないのか?

PS
 メダカを泳がせている水ガメ?の浮草がどんどん増えて水面が見えないくらいになってしまったので、半分を取って一部をカメの水槽に浮かべていたら、夕方のぞくと、なんと浮草が全部なくなっていた。あらら。カメにとってはサラダになるのかしらん。

ゆっくり800m

 大人しくしているつもりだったが、身体をほぐそうとスポーツクラブに行ってきた。いつもはクロストレーナーを1時間漕いで汗を流すが、昨日使ったシューズを車に積むのを忘れてしまい、仕方なく今日はプールに入ることにした。今シーズンの初泳ぎだ。それくらい水泳は好きではない。
 というのも私は平泳ぎしかできず、また泳ぎ方も下手くそなので早く泳げず、プールが混んでいる時は後の人に追い立てられるようでイヤなのだ。でも今日はガラガラで1コースをほぼ独占して泳ぐことができたので気持ちが良かった。おかげでゆっくり時間をかけて800mを泳ぐことができた。
 ちなみに、私の泳ぎがどのくらい遅いかというと、隣りのコースで水中ウォーキングをしているおばちゃんたちにも負けるほどの遅さなので非常に恥ずかしく、泳ぐときはいつも初心者コースの端でこっそり泳いでいる。
 水泳では汗をかかないのでサウナに15分入って、ようやく体重は61.9kg。まあまあか。昼は妻に作ってもらった冷麺がとても美味しかった。生協通販の冷麺でも具材に凝れば「チョーウメー!」のだった。

暑い

 暑い日が続くが、仙台では30℃を越える日は年間約24日ぐらいになるという。去年は46日間もあってホントに暑くて寝苦しい夜が続いてうんざりだったが、昼休みにネットで気象庁のデータを見ていたら、大阪では仙台の3倍の年間約77日間も30℃を超える日があるらしい。 「じぇじぇじぇ!!!」 丸二カ月以上ではないか。とてもそんな暑いところには住みたくない。
 私は12月生まれのせいか、暑いよりは寒い方が苦にならない。暑さはタマに経験できればもう十分だ。こんな暑い夜は、どんな本を読んだら良いのやら。

ガッカリな健診結果

健康診断の結果が返ってきたが、今年も脂質関係が基準値オーバーで改善されておらずガッカリである。妻からは「トンカツ禁止!天ぷら禁止!脂っこいものぜんぶ禁止!昨日のつけ麺もってのほか!!」と厳しい指導を受けた。
        標準値   今年の値  4年前    5年前
・総コレステロール  130~220    235×    247      216
・HDLコレステロール  42~ 67    78×    81       71
・LDLコレステロール  60~139   135△    134      123
・中性脂肪    35~150   111△    161      109
          判定     B    C(最悪値)  A(最後のA判定)

PS
 夜は泉区体育振興会の理事会があった。8月24日(土)に行われる「泉区民まつり」に併せて七北田公園の体育館で「ニュースポーツフェスティバル」が行われる。私はその時の世話係だ。半日間、身体を動かし続けるので思いの外、疲れる。まあ、頑張ろう。次いで、9月29日(日)には「仙台市民健康ウォーク・ラリー」が行われ泉区では「シェルコムせんだい」が会場だ。そこをめざして各町内会から歩いてきてラジオ体操をして解散、というタダそれだけのスポーツ行事だが、この時も世話係だ。何のためにこんなお世話ばかりしているのか?結局、成り行きなのだが、いつまで続くのか。まあ、やれるところまでやるだけですが・・・

熱中症とヘルペス

 一昨日の夜のこと。11時過ぎに家の電話が鳴った。こんな夜更けにいったい誰だろう?と思いながら受話器のナンバーディスプレイをのぞくと「ナミヘイ携帯」からだった。友達の家に泊まるから今日は帰らないよとでも言うのか。しかし、それならフツーは文句を言われないようにメールで連絡をよこすハズだが、と思いながら受話器を取ると......

 「いま、病院。部活中にどうやら熱中症に罹って身体が動かなくなって先輩の車で病院まで運んでもらった。点滴を受けていて、いま落ち着いてきたところ。先輩が家に連絡しておけって言うから連絡入れました。あと少ししたら先輩に送ってもらって帰るから」という内容だった。まあ私が電話を受けて良かった。妻が受けていたらまず間違いなく病院に行く!と騒ぎだしていただろう。極度の心配性だから。
 妻に伝えると、すぐにナミヘイのスマホにメールを入れて、中央病院ってどこなのとか、ホントにお父さんに迎えに行ってもらわなくてもいいの、症状はどうなの、お金はあるのとか、まあイロイロうるさい。先輩が後輩を案じて面倒を見てくれているのだから送ってもらうまでは任せておきなさいと言ったが、妻は不満顔だった。
 そして12時を過ぎて帰ってきたが、自転車で帰って来たのには驚いた。先輩には自転車を止めてある地下鉄の八乙女駅まで車で送ってもらったんだとか。どうせならウチまで送ってもらえばイイのに、大丈夫なのかオマエ?
 ナミヘイも根はスポーツマンなので落ち着けば大丈夫らしいが、でもまあこの暑い時期に部活でムリをするな。部活で死んだらここまで育てた甲斐がないというものだ。少しは世のため人のためになってから死んでくれ。

PS
 そんな騒動に巻き込まれ、寝不足となり、昨日は体調がすこぶる悪かった。仕事をしていてもしんどくて早目に帰ってメシを食べ、風呂に入るまで布団で少し横になったらそのまま朝まで寝てしまった。目を覚まそうと朝風呂に入って顔を洗うと、頬に激痛が走ってビックリした。慌てて鏡を見ると右頬が腫れて大きなヘルペスができていた。無数の小さな水ぶくれがありそのどれかが破れたらしい。非常に痛かったし、第一、頬にヘルペスができることなんてあるのかと正直驚いた。生まれて初めての珍事だ。蒸し暑い日が続くらしいので体調管理には十分気をつけたい。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。